ハサウェイの水草水槽への道 2006年06月
-- Aqua world of Hasway --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、最近、全然紹介していない第3水槽を紹介します。
約半月ぶりに第3水槽の画像を載せるのですが、特に変わったことはありません(^^;)

換水もトリミングも全然してないんですよね・・・(^^;)
メンテといえば、週1くらいで足し水をしているくらい・・・


ちなみに、この第3水槽、玄関に設置しているのですが、連日の暑さに加え、我が家で一番暑いとされる玄関だけに、ファンが常時作動していても、水温が30度くらいなんですよね(^^;)
真夏が恐ろしいと思う今日この頃・・・


さてさて、全然トリミングしていない第3水槽は、相変わらずジャングル化しています。
いつもトリミングしようとは思うのですが、なかなか忙しくて手が出ないんですよね。


とりあえず、生態としては、ミナミとラムズとナノストムス・マジナタス、グッピー♀1匹がいます。
グッピー♀は前回、第5水槽にグッピーを移す際、とり逃した1匹なんですが、いつか捕獲して第5に移動させようと思っています。


となると、生態が少なくなるのですが、とりあえず秋まではこんな感じで維持しつつ、秋口にメインの魚を入れたいと思ったりしています。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
スポンサーサイト

Eternal Aqua Ⅱ
さんに相互リンクして頂きました。

Eternal Aqua Ⅱさんは、その前身であるEternal Aquaから有名なアクアブログな為、この趣味に携わる人々なら、一度は訪問されたことのあるブログではないでしょうか?
美しい水槽、綺麗な写真、豊富な情報量と非常にバランスがとれていて、まさに理想のアクアブログと呼べると思います。
水槽のレイアウトだったり、美しい写真の撮り方だったり、様々なアクア情報だったり、かならず、それぞれが何か得るモノがあるブログだと思いますので、是非是非、皆様一度訪問なさってみてください♪

個人的に、非常にお勧めなブログです♪

また、当ブログ「ハサウェイの水草水槽への道」では、随時相互リンクサイト様を募集しております。アクア関係のサイトならば大歓迎です!!
お気軽にコメントまたは、メールでお知らせください。
メールアドレスは、こちらです。宜しくお願いします(o^∇^o)ノ

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
いよいよウィンブルドンも開幕して、W杯と平行して観るのが辛いのですが、昨日、今日とW杯も中断中の為、ゆっくりとウィンブルドン観戦ができました。
ただ、明日からはまたW杯再開で、しかもドイツvsアルゼンチンという決勝戦のような楽しみなカードもある訳で・・・
どっちも気になるだけに辛いです(^^;)

さて、カカトゥ稚魚、強制捕獲から1週間が経過したのですが、稚魚たちも倍くらいの大きさに成長し、元気に遊泳しています。

とりあえず、1日3回は頑張ってブラインを与えているのですが、お腹がパンパンになるまで食べてくれているので成長スピードもめちゃめちゃ早い気がします。
なんか、プラケに隔離している兄姉さん達よりも早いような・・・(^^;)


カカトゥ♀が産卵BOX越しに子育てしている為か、常に母親のいる方に固まっているんですよね。
それがなんとも言えず、可愛い限りですw


ちなみに、カカトゥ♀が気を抜くと、ブライン&稚魚目当ての捕食者達が群がってきます・・・(^^;)
恐ろしや・・・


さてさて、子育て中のカカトゥ♀ですが、その体色は、繁殖期よりも鮮やかなんですよね。
「Tropica」さんの「アピストの繁殖時の色彩について考える。 =雌アピストの黄色は婚姻色では無い!?=」の中で、単機能的な婚姻色であるという積極的な証拠に乏しく、むしろ仔にとっての敵や仔に対するシグナルであるという可能性が高いと書かれていましたが、繁殖期よりも育成期の方が色鮮やかな点や、産卵BOXで隔離している際も子供が母親を発見し、一箇所に集中している事を考えると、「Tropica」さんの理論というのは正しいと思います。
それにしても、もう少し時間と腕があれば、もっと良い画像を用意できたのですが・・・(;^_^A アセアセ・・・


ちなみに、ベタ稚魚の画像もいつもチャレンジしているのですが、なかなか上手くいかず・・・
いつもこんな感じです(^^;)


とりあえず、サイズ的には2cm弱くらいで、数は50匹くらいはいるかと・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
今日は、ちょっとしたミラクルが・・・(^^;)
実は、デジカメのメモリとカードリーダをYシャツのポケットにしまったまま、洗濯機で洗ってしまうという、馬鹿としか言えない事件があったのですが、そのカードリーダとメモリを一晩、完全に乾かしたところ、復活しました!!
以前、下の子がリモコンを水槽の中に落とすという事件があったのですが、その際も完全に乾かしたところ復活したので、今回も、もしかしてと思ったのですが、良かったです(*^-^)

さて、本日は特にネタがないので、各水槽の画像でも。

メイン水槽ですが、アマゾングリーンをいれて薬浴させていたのですが、アマゾングリーンの色もすっかり消えちゃいました。
効果としては、微妙なところです。
効いたような効かないような・・・

実は、サーモが壊れてしまったらしく、途中から水温を上げることができなかったのですが、我が家の室温は尋常ではない為、常時水温は30度をキープしていた為、白点が出ている魚も2、3匹のみとなりました。
このまま放置して、もう少し様子を見守りたいと思います(^^;)


第2水槽は特に問題はありません。
カカトゥ稚魚も、放流したグラミー稚魚達も順調です。


第4水槽も特に変化はありません。
とりあえず、来週あたりまた産卵するでしょうし、週末あたりにでも一度掃除しとこうかなと・・・(^^;)
ただ、週末は社員旅行なんでそんな暇はあるのかどうか・・・


第5水槽/コリ水槽には、更に、第3水槽のグッピーと、育成隔離していたグッピーの稚魚を合流させました。
ちなみに、またプラティが出産したようですが、1匹を残して全て食された模様です。
その1匹も時間の問題かと・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
ロナウドがついに、W杯での通算最多得点記録を作りましたね。
西ドイツの爆撃機ことゲルト・ミューラーの作った記録を抜いちゃった訳ですが・・・
他人のボールを奪ってまでもゴールする、これぞストライカーというミューラーの記録を抜いたのが、今やデブチンと笑われているロナウドというのは複雑な気が・・・全盛期のロナウドならば納得がいくのですが・・・(^^;)

さて、本日はまずカカトゥ稚魚ネタから。

とりあえず、1匹も落ちることなく順調に成長しています。
やっぱり、水槽内の産卵BOXでの飼育って楽ですね~
一応、汚れはスポイトで吸いだしたりしていますが、あまり水質にも水温にもこだわらずに餌だけやっていればよい訳でw


カカトゥ稚魚も育成中の第2水槽ですが、先日書いたように、溶岩石に再びリシアを撒きなおしました。今回は釣り糸で。
現状、お見苦しいのですが、しばらくするといい感じになると思います。
ちなみに、マーフィードのスピコン一体型のレギュレータについて、同時期に購入した同僚もやはり添加量が不安定になるらしく、二人してADAのスピコンをゲットしました(^^;)
ただ、そのスピコンをつけて調整している際に、CO2カウンタを破壊してしまいまして・・・しかも2個も・・・(ーー;)
力がありあまっているのか、加減ができないのか・・・(;^_^A アセアセ・・・
そういう訳で、CO2添加はしばらくお休みですw


最後に第5水槽/コリ水槽ですが、プラティを更に10匹くらい追加しました。
プラティ水槽がかなりやばいので・・・(^。^;)
そして、画像では隠れていて見えないのですが、アエネウスも2匹ほど投入しました。
着々と・・・(^▽^;)

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
レッドグラミーの稚魚が3cmオーバーまで成長したので、レッドグラミーの繁殖について書いてみようと思います。
ちなみに、下記にて説明することは、あくまでも我が家での場合ですので、ご了承くださいませ(;^_^A アセアセ・・・

まず、レッドグラミー(Colisa labiosa var)とは、シクリップグラミー(Colisa labiosa)を改良した品種です。
ちなみに、原種の実物を実際に目にしたことはありませんが、ネットなどで見る限りでは渋い体色で観賞魚とは言い難いものがあります。
さて、このレッドグラミーですが、繁殖した稚魚の体色を見る限り、どうやらショップで売られている鮮やかな赤色というのは、色揚げされただけに過ぎないようです。
レッドグラミーを飼い込むと、くすんだ赤茶色のような色になるのですが、稚魚もそれと同じような色です。この色がもともとの色だと思います。

①雌雄の判別。

以前も、当ブログでレッドグラミーの雌雄判別の仕方について書いたのですが、個人的に一番判別しやすいのは背びれだと思います。画像にもあるように、背びれが長いものがオス、背びれが丸いものがメスです。
何度かショップに足を運んで観察したのですが、この方法なら雌雄の判別は容易だと思います。

②泡巣形成
rg_awasu.jpg
さて、このレッドグラミーを飼い込んでいると、オスが上画像のような泡巣を作ります。
(画像は、ゴールデンハニードワーフグラミーの泡巣)
オスが泡巣をつくり、メスと交尾して産まれた卵をオスが泡巣で育てるというのが、レッドグラミーの繁殖方法です。
ちなみに、この泡巣ですが、栄養の高い餌(我が家では赤虫)などをたっぷりと与えて、しっかり性成熟させたオスを、弱酸性のこなれた水で飼育しいていると作ります。

同じアナバスの仲間であるベタを使って下記の実験を行ってみました。
(性成熟させたオスの固体を使用)
1.塩素除去した水道水      -> 3日後に泡巣を形成
2.こなれた水(水槽水PH6.5)   -> 即日、泡巣を形成
3.PHをかなり落とした水道水   -> 泡巣ほとんど作らず

実験結果より、まず性成熟させていればほとんど泡巣を作ると思います。
ただ、やはりこなれた水の方が作る確率は高いですし、PHを落としすぎない弱酸性の方が泡巣を形成しやすいと思います。
ちなみに、アルカリ性でも実験したかったのですが、PHプラスが手元にないので、いずれ実験したいと思います。

③交尾
rg_koubi.jpg
泡巣を作るオスに加え、十分に性成熟させたメスを一緒に飼育していると簡単に交尾します。
交尾後、ばら撒かれた卵をオスが泡巣に運んで管理します。
ちなみに、卵は浮くタイプです。
rg_egg.jpg

④孵化
卵は、1日~2日で孵化します。
孵化直後は、稚魚は水平に泳ぐことができず、オスが稚魚を加えて泡巣に集めて世話をします。
また、ヨークサックが付いているので、餌を与える必要はありません。
rg_chi1.jpg
1、2日もすると画像のように水面付近を漂えるようになります。
しかし、画像でも分かるようにまだヨークサックが付いているので餌は与えなくて大丈夫です。
孵化後4日目前後で自由遊泳をするようになり、この時期くらいから初期飼料を与えるのですが、ブラインは小さすぎるのでまだ食べられません。
よって、我が家ではPSB&テトラミンを細かく砕いたものを与えていました。
ちなみに、この位までなら親に育てさせても良いのですが、稚魚を取りたい方は、卵の時点か、孵化直後の動きがすばしっこくない時にスポイトなどで吸い取り、稚魚水槽などで単独飼育すればらくだと思います。

⑤稚魚育成
大体、1週間もすれば稚魚達もブラインを食べてくれるようになります。
rg_chi2.jpg
ブラインまで到達できれば一安心だと思います。
ブラインに到達するまでをどうやって凌ぐかが大きなポイントです。
試していませんが、アルテミアを細かくすりつぶしたものや、インフゾリアでも良い様なので、出来る方はお試し下さい。
rg_chi3.jpg
ブラインまで到達すれば、あとはひたすら、コマ目にブラインを与えてやった方が良いです。
ただ、仕事などの都合もあるので、出来る限りで給餌するしかないのですが・・・(^^;)
ちなみに、私は朝、帰宅後、夜は必ずブラインを与えるようにしていました。

⑥経過
rg_chi4.jpg
孵化後12日目。
rg_chi5.jpg
孵化後21日目。
rg_chi6_31.jpg
孵化後31日目。
rg_chi7_66.jpg
孵化後66日目。

とりあえず、こんな感じでざっとまとめてみましたが、漏れがあるかもしれません(^^;)
ご不明な点などがありましたら、お気軽にコメント下さいヽ(*^^*)ノ

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
本日は、中2日開いたことですし、再びカカトゥ稚魚ネタ・・・(;^_^A アセアセ・・・

第2水槽のカカトゥ稚魚を捕獲し、同水槽内の産卵箱に隔離したと3日前にお伝えしましたが、その後、親であるカカトゥ♀が産卵箱にいる我が子達を発見しまして、こともあろうか、産卵箱の外から子育てに参加するという、実に涙ぐましい光景を展開しています。

稚魚達も母親がいる方に固まっていて、親子の絆というものを見せ付けられている次第です。
しかも、産卵箱によってくる魚がいようものなら、鬼のような形相で威嚇、攻撃をして守ってくれています。


そのお陰もあってか、1匹の稚魚も落ちることなく、元気に成長中。
お腹一杯ブラインを食べて、元気に遊泳しています♪


稚魚の数は、恐らく35~40匹前後だと思うのですが、密集したり動いたりするので、なかなか数えられないんですよねw
とりあえず、なるべく落とさないように気をつけて育てていきたいと思います。
父親が綺麗なので、なるべく父親似の子供がたくさん出れば良いのですが・・・(;^_^A アセアセ・・・


その第2水槽のカカトゥ稚魚のお兄さん?お姉さん?達です。
現在、2cmちょっとなのですが、そろそろプラケから大きな水槽に移す頃なのですが・・・
給餌や観察等の事を考えるとなかなか・・・
ちなみに、第2に移動させたグラミー稚魚達は、広い水槽になったせいか、急成長しているんですよね。
やはり、大きなスペースがないと大きく成長させるのは無理ですし・・・
考えどころです(ーー;)

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
今日は、大忙しの一日でした。
午前中は、車のタイヤ交換&オイル交換をして、午後からは2時間離れた実家に里帰り、そして深夜は24時間の格安デパートで買い物・・・
もちろん、帰宅後はサッカー観戦(^^;)
明日も義母達と食事会がありますし、先週も来週も週末の予定がつまっていて・・・
ゆっくりできる休日というものが欲しいと切に思う今日この頃・・・

さて、本日は第5水槽(コリ水槽)ネタから。

とりあえず、石を購入して投入してみました。
親石、副石、添石なんていうものは一切無視して、とりあえず形が良さそうで安い石を買ったんですよねw
また、機会と予算があえば追加購入したいと思いますが、しばらくはこれで・・・
後は、水草を若干植えて終了にしようかと・・・


明日か明後日には第5水槽にアエネウスを投入する予定ですが、落ち着いてきたら、第2水槽のコリ達からピックアップしてコリ水槽に移そうかと思います。
上画像のアガシジィもその候補ですw


ちなみに、コリ達が集結している第2水槽ですが、特に変化も無く安定しています。
カカトゥ稚魚を捕獲したので、溶岩石からばっこんしていたリシアも再び捲きなおしました。
しかも、今回は釣り糸でw

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
本日は、まずメイン水槽の全体画像からご覧下さい。

水が緑色に・・・
ア、アオコが発生しました(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
というのは嘘で・・・(^^;)
本当は、アマゾングリーンを投入しました。
実は、以前、白点病が発生し収拾したと書きましたが、その後、メインにプラティを投入したところ、プラティに若干白点が付き、前回白点の被害あっていなかった一部のネオンテトラにも白点がついてしまった次第です・・・(ーー;)
温度を常に30度に保っているので、酷くなることも無いですし、徐々に白点も取れていくのですが、この機会にと思いアマゾングリーンを投入することと相成りました。
とりあえず、1週間は放置で経過を見守りたいと思います。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

Let's go fishing
さんに相互リンクして頂きました。

Let's go fishingさんは、主に和歌山でチヌ・グレを対象に波止釣りをしていて、熱帯魚&水草の飼育をしているさぼてんさんが管理しておられるブログです。
過去ログを見ると、ブログ開設当初は釣りを重点的に紹介していて、途中から熱帯魚や水草育成についても書かれるようになったという感じです。
最新の記事では、釣った鯖とグレを調理した様子まで紹介しておられ、釣り好きや釣った後調理して食べる方には必見なブログなのではないでしょうか?
また、熱帯魚&水草飼育の方も、大変魅力的な、緑が眩しい水草水槽を維持しておられています。
今後も、引き続き、釣り情報とアクア情報を更新していって欲しいですね♪

シンプルで読みやすいブログですので、皆様、是非、一度足を運ばれてみてください。

また、当ブログ「ハサウェイの水草水槽への道」では、随時相互リンクサイト様を募集しております。アクア関係のサイトならば大歓迎です!!
お気軽にコメントまたは、メールでお知らせください。
メールアドレスは、こちらです。宜しくお願いします(o^∇^o)ノ

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
一昨日、昨日とカカトゥネタだったのですが、今日もまたカカトゥネタを少し・・・
しつこいとか、浮かれてんじゃねーよとお思いの方、スミマソン。
今日は、ちょっと動きというかトピックスがあるもので・・・(;^_^A アセアセ・・・

実は、第2水槽のカカトゥですが、いつまで経っても浮上しないので、強制的に、捕獲しちゃいました・・・(^^;)
前回の第4水槽の失敗もありますし、ちょっと心配になっていても経ってもいられなくなったという次第です・・・
結局、30匹前後のヨークサック付き稚魚を確保・・・


どうやら浮上はまだまだだったようです・・・
ちょっと焦り過ぎたようで・・・
もう2日、様子を見ていれば良かったなと・・・ヾ(_ _。)
第2水槽のカカトゥの次回産卵の際には、放置しようと思います。
それにしても、この稚魚を吸い出す際、カカトゥ♀が必死に抵抗していただけに、ちょっと切なくなってしまいました。


ちなみに、今回はプラケに隔離ではなく、産卵箱に隔離することにしました。
隔離後、グラミー稚魚達が寄ってきて、物欲しそうな顔を・・・(^^;)

一方、第4水槽のカカトゥの卵ですが、どうやら食卵された模様・・・
食卵すると癖がつくなんて言いますが・・・
どうなんでしょうか(ーー;)


さてさて、ついでに、ベタ稚魚とカカトゥの稚魚も紹介しちゃいます♪
ベタ稚魚は、ご覧の通り、現在50匹前後いる模様。
ちょこちょこ落ちている固体もいるようなのですが、基本的には問題ないようです。
体長は、大体1.5cm~2cmくらいに成長している模様。


カカトゥ稚魚育成プラケには、現在、第2の稚魚3匹、第4の稚魚5匹いる筈です。
筈というのも、竹炭付きモスのせいで、確認するのが大変なんですよね(^^;)
第2の稚魚3匹は、なんとか確認しているのですが・・・


大きい固体で体長は2cmオーバーです。
そろそろ本水槽に戻す事も考えなければいけませんね。


本日ラストは、立ち上げ中の第5水槽/コリ水槽(仮)です。
とりあえず、プラティを4匹ほどいれました。
本当は、もっと早く投入したり、活性炭をセットしたりするんですが、どうも乗り気じゃないというか・・・管理が不安というか・・・
なかなか重い腰が上がらず・・・(・_・;

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
ついに、我が家のクーラーが始動しました。
電気代節約の為、カミさんより使用を禁止されていたのですが、強引に・・・(;^_^A アセアセ・・・
以前からお伝えしているのですが、うちの家、めちゃくちゃ暑いんですよ~
昨日の室温も帰宅時、32度を越えていました。
ファンをつけている水槽は良いのですが、プラケやファンなし水槽が心配なんですよね(~_~;)

さて、本日のネタは、昨日とかぶってしまうのですが、またまたカカトゥネタです(;^_^A アセアセ・・・

昨日、紹介したカカトゥは第2水槽のカカトゥなんですが、この第2水槽の隣の隣に第4水槽(30cm)がありまして、そこにもカカトゥペアがいます。
そしてこのカカトゥも第2水槽のカカトゥにつられるかの様に、3度目の産卵をした模様です。

確かに、最近、仲が良いこのペアに若干小競り合いがありまして、もしかしたらと思っていたんですよ。
そして、昨日、どうも♀がちょっと優位ぽかったので探してみたら案の定(*^^*)
今回は、いつもと違う場所に産んでいました。

ちなみに、初回が先月の26日で2回目が今月の9日。
丁度2週間刻みだったので、今度は23日とふんでいたのですが、2日ほど早かったようです。
前回、食仔したようなので、早かったのかも。
ということで、今回は、孵化した直後あたりに確保しようかなと計画中です(;^_^A アセアセ・・・


さてさて、上でも紹介し、昨日も紹介した第2水槽のカカトゥ♀ですが、今日も警戒態勢&偵察を怠りません。
ちなみに、そろそろ浮上の時期なのですが、姿を見ず・・・
警戒態勢が解かれていない所を見ると、稚魚はいるようなのですが・・・
明日にでも、チェックしてみようかと。


話は、変わりますが、明日はいよいよ日本戦ですね。
徹夜しても良いのですが、流石に翌日の仕事が辛いので、明日は早起きして観戦しようかと思います。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
山口県光市母子殺人事件の最高裁での判決が下りましたね。
結果、無期懲役を破棄・差し戻しなのですが、やはり、被害者である本村さんが会見で仰っていたように、最高裁自ら判決を下して欲しかったというのが正直な感想ですね。
高裁での判決が下るのは、また1年後なのだとか・・・
適切な判決を望むばかりです。

さて本日は、まず第2水槽の加藤妻こと、カカトゥ♀から。

先週の金曜日に産卵したとお伝えしましたが、今週の月曜日には孵化した模様。
そして、その稚魚達の世話をしている模様です。
明日か明後日あたり浮上するのでは?と睨んでいるのですが、第4水槽の件もあるので、あまり期待せずに見守っています。
とりあえず、浮上したらすぐに捕獲、隔離、育成しようかと・・・(^^;)


さてさて、このカカトゥ♀ですが、どうやら産卵場所と孵化した稚魚を育てている場所が同じのようで、ずっと溶岩石の下を守っています。
周りに、コリ達が近づこうものなら、鬼のような攻撃を繰り出して近づけないようにしていますw
なんとも、女は偉大だなと・・・


上記で紹介しましたカカトゥの現在育成中の稚魚も2cmオーバーのサイズまで成長しました。
ちなみに主食は、ブラインと刻んだ赤虫です。
現在、上記のカカトゥの稚魚が3匹。そして第4のカカトゥの稚魚が5匹ほどいます。
どのタイミングで水槽にリリースしようか考えているのですが、もう少し隔離してしっかり餌を食べさせようかと。


一方、既にリリースしているグラミーの稚魚達ですが、大きいもので3cmを超えたようです。
ちなみに、気になる体色ですが、どうも親の体色に近いんですよね。
すなわち、レッドグラミーを購入して飼い込むと色が褪せて、くすんだ赤茶色のような感じになると思いますが、あれに近いです。
思うに、やはりショップで売られているレッドグラミー達は、色揚げをされているのではないかと・・・
それにしても、もし、色揚げされていなかったら、誰も買う人はいないんじゃないかな・・・(;^_^A アセアセ・・・


最後は、立ち上げ中のコリ水槽こと第5水槽の様子です。
とりあえず、濁りも徐々にとれ、大分澄んできました。
今回は、石をメインにしようかなと・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

Aqua seek
さんに相互リンクして頂きました。
Aqua seekさんは熱帯魚関連の検索エンジン(サーチエンジン)です。アクアリウムなど熱帯魚のホームページ、熱帯魚屋さん、オンラインショッピングサイトなどの熱帯魚に関連したホームページを登録できます。

アクア系のサイトならば気軽に登録できますので、アクア系のサイト、ブログをお持ちの方は是非登録してみてください。
開設されて間もないですが、水槽メンテナンス、熱帯魚種類別、人気種類別、熱帯魚の産卵・繁殖、日本の熱帯魚ショップ、熱帯魚関連オンラインショップ、熱帯魚関連サイトというカテゴリにそれぞれ分類分けされておられ、検索に力を注いでおられるようです。
現在、発展途上のサーチエンジンだけに、今後が楽しみですね♪

皆様、是非、一度足を運ばれてみてください。

また、当ブログ「ハサウェイの水草水槽への道」では、随時相互リンクサイト様を募集しております。アクア関係のサイトならば大歓迎です!!
お気軽にコメントまたは、メールでお知らせください。
メールアドレスは、こちらです。宜しくお願いします(o^∇^o)ノ

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
昨日、熱帯魚ショップ巡りをして目当てはメイン魚と砂だったと書きましたが、本日は、その砂について書きたいと思います。
実は、下の画像を見ていただければ分かると思いますが、水槽をもう一つ立ち上げました。
実は、60が1本あまっていて、立ち上げるつもりはなかったのですが、以前からコリ水槽を作りたいと思っていたのと、同僚のコリ水槽を作るという話に触発されたことから勢いで立ち上げる事に・・・


そういう訳で、熱帯魚ショップ巡りの際、ブライトサンドを購入しウクライナvsサウジ戦を見ながら、立ち上げたという感じです(^^;)
とりあえず、レイアウトはこれからなのですが、この水槽、このまま維持していくか、たたんでしまうか迷い中なんですよね・・・
今の水槽の数を維持するので、限界っぽいですし・・・
とりあえず、今後の様子を見ながら考えたいと思います。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
今日は、久しぶりに同僚と熱帯魚ショップ巡りをしました。
お目当ては、第2水槽のメイン魚と砂です。
丁度、行き付けのショップのポイントが貯まり、1000円分の買い物が出来るということなので、赤虫10枚もついでに仕入れてきました(^^;)


さてさて、第2水槽の今回のメイン魚は、以前から考えていた通り、ラスボラ・ヘテロモルファ(Trigonostigma heteromorpha)にしました。
ちなみに購入先は、マリンギャラリーさんです。
欲しかったサイズ&状態も良い&手頃な値段で満足です♪
実は以前、ラスボラ・エスペイ(Trigonostigma espei)を飼育していたのですが、この体色が緑の水草に映えることは知っていましたし、群泳させやすいのも知っていたので、シンプルにヘテロにしようと考えていたんですよね。


ちなみに、以前飼育していたエスペイは、第3水槽立ち上げ時に、第3水槽に投入していたのですが、水槽ギリギリまで水をいれていて、蓋もしていなかったせいで、皆、ダイブ死してしまいました。
もちろん、今回は、きちんと蓋もして隙間もラップでガードしているのでダイブ死はないと思います。


さてさて、このトリゴノスティグマ属ですが、ご存知の通り4種類います。
ヘテロモルファ、エスペイ、ヘンゲリィ、ソムフォングシなのですが、ソムフォングシは実物を見た事がないので何ともいえないので、ヘテロとエスペイとヘンゲリィに絞って考えると、個人的に一番すきなのは、ヘテロモルファです。
エスペイは飼い込むと真っ赤になって綺麗ですし、ヘンゲリィも透き通った美しさがあります。
もちろん、両種ともに好きなのは好きです。
ただ、熱帯魚飼育を始めたばかりのある日、某寂れた町外れのペットショップで、ヘテロモルファをみたのですが、色もさることながら、体高とバチのバランスが素晴らしく、感銘を受けました。
それで、いつか、ヘテロをメインにしたいと思っていて、先日、魚をいろいろと第2水槽の魚を移動させている時に思い出し、行動に移したという次第です。


とりあえず、ショップに十数匹しかいなかったので、十匹購入(一匹サービス??)しましたが、今後、もう少し追加する予定です。
エスペイとヘンゲリィも若干混ぜてみようかななんて・・・(;^_^A アセアセ・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
結婚式でのギター演奏、無事に終了しました。
声の出が悪かったのと、アウトロのアルペジオをミスって誤魔化したの以外は特に失敗もなくこなすことができました。
大成功とまではいかないですが、一先ず成功かなと(^^;)

さてさて、今日は水槽どころではなかったので、我が家にいるコリドラスの内、画像があるものだけを紹介したいと思いますw

まず、コリドラスといえば、この赤コリことアエネウスが一番メジャーではないでしょうか?
写真じゃ分かりにくいのですが、このアエネウス、飼い込むと体全体と鰭がメタリック色になり、とても綺麗なんですよね。
価格と流通故に、ぞんざいに扱われがちですが、もっと認められても良い種なのではないかと思います。


次は、色が薄いのですがラバウティです。
このラバウティ、我が家にきて、倍のサイズになったのですが、人懐っこくて元気で、とても可愛い奴です。
餌を与える時、水面まで上がってきて直接指から食べる様は、たまりません(*^^*)
おまけに、長寿らしいですし、是非是非、長い付き合いをしたいなとw


最後は、アークことアークアトゥスです。
こいつも飼い込むとアーチ模様の上の体色が褐色化していってグッドですよね~
まだまだ、他にもいるのですが、今日はこの辺で・・・

それにしても、ギター演奏が終わったので、一安心です♪

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
いよいよ明日、友人の結婚式でのギター演奏があります。
友達と二人で演奏予定なのですが、二人とも練習は1週間足らず&1日3回程度&合わせていないということなので、本日、カラオケBOXで待ち合わせして一度合わせてみることに・・・
結果は、なんとか弾ける程度でした(^。^;)
明日が怖いですw

さて、本日は、第2水槽のカカトゥネタです。

今朝、会社に行く前に水槽をチェックした際、メスが、リシアがはがれた溶岩石の下に穴を掘り、近づく魚達を威嚇していました。
これは会社から帰ってきたら多分産んでいるなと思っていたのですが、案の定産んでいました。
とりあえず、遊泳するまでは放置しようかと思います。
それにしても、オスが綺麗な第2水槽のカカトゥだけに、期待大です♪


ちなみに、こちらの第4水槽のカカトゥは孵化までは順調だったのですが、どうやら浮上は失敗のようでした・・・
確認したところ稚魚はとれず、どうやら食仔された模様・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
本日、グラミー稚魚達をすべて第2水槽に移動させました。
よって、グラミー稚魚水槽は今後ベタ稚魚育成水槽となります。
また、今までのベタ稚魚育成プラケは、カカトゥ稚魚育成プラケとなることに・・・って良く分からないですよね(^^;)

そういう訳で、本日は、我が家の水槽を紹介します。
現在、稼動している水槽、プラケは、
  ・メイン水槽(60cm)
  ・第2水槽(60cm)
  ・第3水槽(キューブガーデン ミニM)
  ・第4水槽(30cm)
  ・プラティ水槽(36cm)
  ・ベタ稚魚育成水槽(17cm)
  ・カカトゥ稚魚育成プラケ
  ・グッピー稚魚育成プラケ
  ・ベタ♂隔離プラケ
  ・ボトルアクア赤鰭(2ℓ)
  ・ボトルアクア生態なし(0.8ℓ)
  ・ブラン沸かしプラケ(4つ)

です。

とりあえず、上記水槽は、リビングと玄関に置いているのですが、本日はリビングを紹介します。
ローボードの中身がぐちゃぐちゃなのは気にしないでください・・・(;^_^A アセアセ・・・
メイン、第2、プラティ、第4水槽はこんな感じでローボードの上に置いています。


そして、このローボードの一番左にTVがあり、その上に、ベタ稚魚育成水槽&カカトゥ稚魚育成プラケを置いています。
かなり危険なのですが・・・(^^;)


ちなみに、ブライン沸かしプラケは第2水槽の上に置いているのですが、現在は4つ体制で、日々、少しずつずらしながら沸かしています。
こうすることで、好きな時に、いつでもブラインを与えられるんですよ。


以前も紹介しましたが、ブラインは皿式で沸かしていて、仕事があるので、朝夜とローテーションを組んで沸かしています。
ちなみに、画像のプラケでは、左から、1日前、0.5日前、セット直後、1.5日前となっています。
温度だったり塩分濃度で、24時間で孵化しきれないブラインがいる為、大体2日間くらい経ってから、再度沸かしなおすようにしています。


最後は、全然関係ないのですが、メイン水槽のCry.ウンデュラータです。
メイン水槽リセット時に、大型化していたウンデュラータから一部を分けて植えたものです。
ようやく、葉がつき始め、子株もできているようです。
ただ、リセット前の大きさまで大きくなられると非常に困るんですよね・・・(^^;)
クリプトって植えなおしたら、小型化するといいますし、根も切って短くしたので、しばらくは安泰かと・・・
また、大きくなりそうな気配がある場合には、根を切って調節したいと思います。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
W杯も全ての国が初戦を終えましたね。
一通り、試合を観てみて思うのは、日本が一番へっぽこ試合をしたということ・・・
クロアチア戦は、本来の力を発揮して頑張って貰いたいですね。
ちなみに、今週末、仲の良い友達の結婚式があります。
以前も、書きましたが、そこでギター演奏するんですよ(^^;)
練習は、ほとんどしてませんε=ヾ(;◎_◎)ノ
昨日、結婚する友達に聞いたところ、譜面たては用意してくれるとの事・・・譜面を見ながら弾くことにします(;^_^A アセアセ・・・
ちなみに、曲目は、相棒が決めた、ゆずの「栄光の架橋」です。
しかも、私は岩沢パートなので、主にハモり担当です・・・それにしても、高い(^▽^;)

さて、アクアねたですが、一昨日、第4水槽のカカトゥを紹介しましたが、暗くて分かりづらかったので、再度撮り直してみました。

魚待ちをするのが面倒なので、丁度、水槽前面にやってきた2,3分の間に撮影。
ちょっとボケ気味&見辛いのはご勘弁・・・(^。^;)


我が家にやって来た時よりも、体長も大きく、鰭も伸張しています。
ネットなどで検索すると、素晴らしく鰭の伸張した固体などを紹介されている方がおられますが、流石に、そういう域までは全然達せないですし、とりあえず健康に育ってくれれば良いと思う今日この頃w


第4水槽のカカトゥに対抗して、第2水槽のカカトゥも紹介。

さてさて、実は本日、悲しいお知らせがあります。
この第2水槽のカカトゥ稚魚が1匹とレッドグラミー稚魚が1匹、おちてしまいました。

カカトゥ稚魚については、現在プラケに隔離しています。
で、本日、帰宅後ブラインを与え、2時間くらい経過して換水しようとして除いたところ、1匹昇天していました・・・
前に換水した際、誤ってカカトゥの稚魚をチューブで吸ってしまい、その後、プラケに戻したのですが、弱っていまして、翌日、数が減っていたという事があってから、どうも換水が怖くてなかなか実行できなかったのですが、やはり、それが悪かったようです・・・

また、プラケもサイズがSなので、そろそろ手狭になってきていて、そろそろサイズアップを考えていただけに・・・ショックです。
せめて残った上画像のカカトゥ稚魚たちを大切に育てたいと思います。
ちなみに、なくなったカカトゥ稚魚を計測したところ、1.7cmでした・・・


グラミー稚魚ですが、最近、大きくなった固体を第2水槽に移動させているので、グラミー稚魚育成水槽には、小さな固体しかいない状態になっています。
そんな彼らの餌は、テトラミン&赤虫なのですが、どうやら、一番小さな固体が、赤虫を詰まらせて窒息した模様です・・・
これまた、失敗でした・・・
細かく刻んで与えれば良かったと・・・
今まで、もっと小さな固体などにも平気で赤虫を与えていたのですが、こんな事故は起こらず、大丈夫だと誤解していました。
今後は注意したいと思います。


最後は、最近めっきり紹介が減ってしまった第3水槽です。
相変わらずメンテも換水もほとんどしていない状態です(~_~;)
ちなみに、第3水槽の主役と化していたグローライトテトラは同僚にあげちゃいました。


おかげで、第3水槽の主役は病気が癒え帰ってきたドイツイエロータキシード♀達となっています。


ちなみに、その第3水槽の横には、グッピー稚魚育成プラケがあります。
このプラケには現在、6匹のドイツイエローの稚魚達がいるのですが、彼らも、親魚の病気に伴い、ハリ病っぽくなっていたんですが、塩浴によって完治したようです。
現在、せっかく隔離したのだし、大きくして戻そうと思い、ブライン三昧の日々を遅らせているところですw

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
オイカワの大量死見つかる 亀岡・余部町の曽我谷川
13日午後5時ごろ、京都府亀岡市余部町の曽我谷川で、魚が大量に死んでいるのが見つかった。府南丹保健所(南丹市園部町小山東町)などが調べたが、死因は不明としている。

 同保健所や亀岡市役所(安町)によると、死んでいたのは、大半がオイカワで、約200匹が水深約20センチの浅瀬でまとまって確認された。

 同保健所が簡易水質検査をしたところ、水中から重金属は検出されず、COD(化学的酸素要求量)も通常だった。酸欠による死亡の可能性は少いという。

 同保健所は「今のところ死因は不明」とし、14日、あらためて市と周辺を調べることにしている。
こういうニュースって気になりますよね・・・
アクアを趣味に持っているということもありますが、死因が不明で大量死・・・
天災が多い現在だけに、もしかして天変地異の前触れなのか・・・なんて思ったりしてしまいます。
何事もなければよいのですが・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
実は私、今年の4月に転職しました。
出向先に引き抜かれたという形なので、賞与は最低x1~1.5は出ると踏んでいたのですが、それ以下だったので、若干凹み気味&やる気がでない今日この頃です。
今までの貢献振りを考えると、もっと色をつけてくれても罰は当たらないのではないかと・・・
ただ、入って1ヶ月で約\5,000昇給したのは嬉しかったですが・・・(^^;)

さて、本日はメイン水槽と第2水槽の換水を行いました。

22:00過ぎにようやく、2人の子供も就寝してくれたので、トーゴvs韓国戦を観ながらゆっくりと換水&掃除&メンテナンスを行った次第です。
ちなみに、メイン水槽ですが、リシアが一部バッコン気味だったので、巻きなおしました。


現在、溶岩石にリシアを木綿糸で巻きつけているのですが、当たり前の如く、1、2週間で木綿糸は溶けてリシアが浮いてしまいます。
本当は、溶岩石にモスを巻きつけつつ、モスにリシアを絡めるのがベストですが、面倒くさくてその場凌ぎにリシアだけを巻きつけていた次第です(^^;)
そういう訳で、今回巻きなおした分については、モスにリシアを絡めてやりました。


第2水槽は、25ℓの換水を行いました。
現状、第2水槽の中層を泳ぐ魚は、9匹のペンシルと2匹のニューゴールドネオンくらいしかいないので寂しい限りです。
そういう訳で、来月にはメイン魚を投入しようとひそかに計画中だったりします(^^;)


最後は、カカトゥ稚魚です。
現状、第2水槽産の稚魚は4匹、第4水槽の稚魚は6匹います。
ちなみに、そろそろ第4水槽の稚魚が浮上するころなのですが、一向に気配がありません・・・
失敗したのでしょうか?
少しばかり不安です・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

おさかなMANIA
さんに相互リンクして頂きました。
おさかなMANIAさんは魚好きの、魚好きによる、魚好きのためのサーチエンジンです。
アクア系のサイトならば気軽に登録できますので、アクア系のサイト、ブログをお持ちの方は是非登録してみてください。
開設されて間もないだけに、これからに期待のサーチエンジンですが、オンラインショップ、魚関連ショップ、水族館等、役立つサーチカテゴリも充実しています。
ここら辺の登録サイトが充実してくると、非常に有難いと思います。

皆様、是非、一度足を運ばれてみてください。

また、当ブログ「ハサウェイの水草水槽への道」では、随時相互リンクサイト様を募集しております。アクア関係のサイトならば大歓迎です!!
お気軽にコメントまたは、メールでお知らせください。
メールアドレスは、こちらです。宜しくお願いします(o^∇^o)ノ

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
日本戦、オーストラリアに完敗でしたね。
いろいろと思うところはあるのですが、明らかに、オーストラリアの方が良い試合をしていたので、当然の結果ですね。
日本は、極度の緊張があったのでしょうが、今のような戦い方をしているとクロアチアはおろか、どこのチームにも勝てないかと・・・
それにしても、せっかく楽しいはずのW杯が、日本の敗戦で切なくなってしまいます・・・(ーー;)

さて、第2水槽の事故により5匹->2匹に減ってしまったレッドグラミーの稚魚ですが、本日、また第2水槽に大きくなった稚魚を放流しました。

ちなみに、事故を生き残った稚魚は、現在2cmオーバーまで成長しています。
そして、本日放流したのは計3匹で、大体1.5cm強のサイズです。
レッドグラミー稚魚水槽の稚魚達ですが、現在、ブラインからテトラミン&赤虫に切り替えているので、この放流した稚魚達も餓死する心配はありません。
今回は、事故死など起こらぬように注意をして、立派なレッドグラミーに育て上げたいと思います。
色も気になりますし(^^;)


さてさて、第4水槽のAp.カカトゥペアですが、卵も孵化し、明日、明後日には浮上する予定です。
というか、ちゃんと浮上してくれるか不安です・・・
ちなみに、子育て中(おそらく)のカカトゥのメスですが、綺麗な黄色です。


カカトゥのオスも購入時よりも、体長が大きくなり、鰭も伸張して迫力が増してきました。
時間がなかったので、見難い画像になっていますが、またリトライしたいと思います(;^_^A アセアセ・・・


さらに、この第4水槽のカカトゥペア、仲がかなり良いです。
産卵前も産卵後も争うこともなく、いつも寄り添っています。
なんか、おしどり夫婦そのものっていう感じなんですよね。
よく、産卵前はオスが強くて、産卵後はメスが強いなんて聞きますが、常に均等で・・・
ちなみに、第2水槽のカカトゥは、夫婦そろって子育てをしていました。混泳だけに、協力しないと子供が食べられてしまう危険があったからなのでしょうが、第4水槽のカカトゥはこのペアのみな訳で・・・
不思議です(^^;)


第4水槽のカカトゥを紹介したので、ついでに第2水槽のカカトゥも紹介したいと思います。
上画像は、カカトゥのメスです。
先日の事故までは、あきらかに流木の裏に陣取って動かなかったのですが・・・
今では元気に遊泳しています。
このペアは、オスがとにかく綺麗なので、稚魚をとって育んですよね。
今後に期待します(^^;)


第2水槽のカカトゥオスの画像も、時間がなかったので、こんなショボイものになってしまいましたが、鰭がかなり伸張して、なかなか迫力がでてきたと思います。
こっちも、またリトライしたいと思います。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
ローランギャロス2006、いよいよ閉幕しました。
男子シングルスのファイナルは、因縁の対決、フェデラーvsナダル戦。
フェデラーが第1セットを6-1と圧倒しますが、第2セットから巻き返したナダルが、その後、6-1、6-4と取り返し、最後はタイブレークを制して2連覇達成しました。
今回の男子シングルスは、ベスト4を第1~4シード選手、ファイナルは第1シードと第2シードの対決と、実力通りの展開になったわけですが、最後にクレーで絶対的な強さを持つナダルに、王者フェデラーがまたしても敗れるという結果で幕を閉じました。
女子ダブルスでは、杉山・ハンチェコバ組が準優勝、ジュニアの男子ダブルスでは錦織がなんと優勝したようですね。

さて、本日のネタですが、またもやカカトゥ稚魚のネタです。

最近、頻繁にとりあげているこのカカトゥ稚魚ネタですが、ふと気付くと、孵化後約3週間のこのカカトゥ稚魚も、大分、カカトゥらしくなってきていて、すかさず画像を撮ってみました。
すでに、1cmオーバー。今後が楽しみです♪


孵化後2週間の第4水槽産のカカトゥも元気に成長中です。
また、第4水槽のカカトゥの卵ですが、どうやら孵化している模様。
稚魚の姿は見えませんが、浮上を楽しみに待ちたいと思います。


ベタ稚魚は、孵化後17日目です。
数を数えてみたところ、どうやら6,70匹はいる模様。
そろそろ、このプラケも狭くなってきました。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
ローランギャロス2006、女子シングルスもいよいよファイナル。
決勝戦のカードは、エナンvsクズネツォワだったのですが、当初、昨年のファイナルのようにエナンが圧倒するかと予想していました。
ところが、クズネツォワもなかなか粘り、非常に良いゲームになったと思います。
結局6-4、6-4でエナンが2連覇しましたが、クズネツォワもよくやったと思います。

W杯は、なんといっても、アルゼンチンvsコートジボワール戦ですね。
なかなか、接戦で良い試合だったと思います。

さて、本日は、昨日も書きましたが、メインにプラティを投入しました。

プラティ水槽が、そろそろ限界なので、どうにかしてプラティの数を減らすべく奮闘しているのですが、今回メインに4匹ほど移動させました。
1匹は、我が家で産まれた唯一の白プラティです。
この白プラティは♂なのですが、この♂と、♀を3匹メインに移動させました。
一時期、400匹を超えていたプラティ達も、ショップに引き取ってもらったり、友人知人にあげたりと、現在では100匹ちょっと・・・
あと少し・・・(^^;)


ついでに、第2水槽より餌を食べ過ぎるベタ♀も4匹投入したお陰で、かなり賑やかになっています。
それに引き換え、第2水槽は寂しくなったのですが、来月にでも、第2水槽にはメインになる魚を入れようかなと・・・


最後に、メイン水槽の全体画像です。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
W杯、開幕しましたね~。
開幕戦のドイツvsコスタリカ、まさかあんなに得点が入るとは思っていなかっただけに、びっくりしました。フリンクスのミドル・・・すごかった・・・(^^;)
また、ローランギャロス2006、男子シングルスのファイナルはフェデラーvsナダルの因縁対決ということで、必見ですね!

さて、本日はまたまた事件がありました・・・

以前の記事で、マーフィードのスピコン一体型のレギュレータが使えないという話をしたと思いますが、あれから、添加量を絞りつつも使用していました。
ところが、今日帰宅後、その添加をしている第2水槽の状態を確認すると・・・
目で見える範囲で、ニューゴールドネオンが1匹、Co.ピグミーが1匹、ヤマトが1匹、レッドグラミー稚魚3匹が死んでいました・・・
そして、Co2ボンベは空になっていて・・・
酸欠で死んだものと思われます。

レッドグラミーの稚魚なんて、苦労してここまで成長させたのに、本当に悔しくて悲しくてたまりません・・・
この使えない小型ボンベ1式ですが、とりあえず、対処法は考えてあるので、その対応ができるまでは、使用禁止とすることにしました。


とりあえず、コリドラス達は、ピグミー以外に被害がでていなかったようです。
一先ず、安心。
また、今回の事故で、カカトゥの浮上も失敗の様子。
ずっと、流木の後ろをオスと一緒に死守していたメスも、体色は黒っぽくなり、遊泳するようになっていました・・・
それにひきかえ、第4水槽のカカトゥは、また以前と同じ場所に産卵している模様。
今回は、浮上までノータッチでいこうと思います。


さて、今回の第2水槽の事故もあり、我が家の水槽の魚たちを若干移動させました。
まず、メインのベタ♂がレッドグラミーに絡むので、プラケに隔離。
第2水槽のベタ♀4匹をメイン水槽に移動。
プラティ水槽より♂1匹♀3匹をメインに移動。
おかげで、第2水槽は静かに、メイン水槽はうるさい感じになりました。

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
いよいよ、明日W杯開幕です。
明日に備えて、早く寝るつもりだったのですが、考えたら全仏女子シングルス準決勝があった訳で・・・結局、最後まで観ちゃいました(^^;)
明日は、男子シングルス準決勝とドイツvsコスタリカ戦。
はしごしながら観ようかと・・・
そういえば、バラックですが、コスタリカ戦は欠場のようですね。
フランスのシセも骨折したようで・・・

さて、本日はメイン水槽ネタから。

昨日、藍藻が発生しているとお伝えしましたが、その他、一番頭を悩ませていたアオミドロ問題は、なんとか解消したようです。
藍藻も、昨日掃除したおかげで、ほとんどないですし、いよいよメインの苔問題も落ち着いた模様。
個人的に、コマ目な換水、掃除というのも非常に有効な手段であるとは思うのですが、今回の件で、エアレーションがなかなかポイントになったのではないかと思います。


よく、油膜がでたらエアレーションをして対策をとったりしますよね。
あれは、単純に、油膜を拡散しているだけなのではなくて、好気性バクテリアを活性化しているのではないかと思います。同様に、好気性バクテリアが活性化されることで、苔も出にくくなるのではないかと・・・
現に、エアレーションをはじめてから、苔の発生が大分絞られたと思います。
現状、一時的にということで、とりあえず、前使っていたエアーカーテンを適当に入れているのですが、もうしばらくエアレーションを続けて、ゆくゆくは撤去する予定です。
苔でお悩みの方、是非、エアレーションをしてみてください。
で、その展望をお聞かせ頂いたら、幸いです。


第2水槽ですが、こっちは、特に変化はありません。
そういえば、カカトゥペアが流木の裏に陣取っているようで、近づく魚たちを威嚇しています。
メスもしばらく見てないし、おそらく卵を産んだ、あるいは、孵化して守っている状態なのではないかと・・・

ちなみに、この第2水槽ですが、エアレーションをしたことはないんですよね(^^;)
アオミドロは地道に除去しました・・・もっと早くエアレーションの大切さに気付いていたら、こっちでも検証したのですが・・・


第3水槽ですが、隔離していたドイツイエロー♀6匹を入れちゃいました(^^;)
グローライト8匹は同僚にあげる予定なので、まぁいいかと・・・

ちなみに、この第3水槽ですが、エアレーションはしていません。
ただ、苔問題は一切発生せず、立ち上げて半年なんですが、1ヶ月に1回くらいの水換えのみで事足りています。
やはり、立ち上げ当初、コマ目に水換えをして水草を大量にいれているお陰かと。

水槽をいくつか立ち上げてみて、いろいろなパターンを検証してみて思ったのが、立ち上げ当初は、毎日、或いは2日に1回ペースで換水すること。1ヶ月くらい経ってから、徐々に換水のペースをゆるめていけば、苔に悩まされることはあまりないという結論です。
逆に、換水なしで放置するという手段もあるようですが、一度は苔に覆われますし、初級者には換水が一番有効な維持方法ではないかと・・・


第4水槽ですが、流木にモスもいい感じで活着しています。
後は、水草の生長を待つばかりなのですが、片っ端からカカトゥにぬかれています(^^;)
まぁ、これはこれでいいかと・・・
ちなみに、こっちのカカトゥペアも、もうすぐ産卵する気配が・・・
流木の下にメスが篭っています。


第2と第4のカカトゥの子供たちです。
ラムズの赤ちゃんと一緒に成長中ですw

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
いよいよ、明後日W杯開幕ですね。
明日は、早めに就寝して、明後日は徹夜しようかと考えています(^^;)
ちなみに、個人的な予想として、シミュレーションしていった結果、今回のW杯の優勝国はドイツでした。準優勝はイタリア・・・
以前、知人内で恒例になったW杯予想を今回も実施するとお話しましたが、着実にエントリーする参加者も増えている状態です。
ルールとしては、1~32ポイントをそれぞれ出場国に振り分けて、勝利国の予想ポイント * 得失点差 = 獲得ポイントとなって、その総合系を競うという予想です。
毎回、順位は中間層なので、今回こそは、上位に食い込みたいと・・・(^^;)

さて、今回はここ数日間、我が家を襲っていた病気の話をしたいと思います。

その話の前に、アルビノ・アフリカンランプアイの画像です。我が家に来て、半年経過しました。
個人的に大きくなったアフリカンランプアイのオスが大好きなんで、このアルビノも飼ってみたのですが、うーん、微妙ですね(^^;)
なんか、メダカみたいです・・・(;^_^A アセアセ・・・


さて、いよいよ本題ですが、実は、ここ最近メイン水槽が白点病にやられていました。
原因は、あるショップで購入したネオンドワーフレインボーです。
実は、私が購入する前日に、同僚もそのネオンドワーフを数匹購入していて、私と同僚のネオンドワーフが同時期に発病しました。
ショップですでに感染していたようです。
本当は、トリートメント水槽を経由して本水槽に投入すれば良いのでしょうが、スペース的に限界なので・・・


そしてその白点病ですが、まだ、白点が1つか2つの際に発見して、水温を常時29度に設定していたら、2,3日で、ネオンドワーフの白点は治りました。
その後、ネオンテトラとカーディナルにもちょっと白点がでたりしたのですが、基本的には水温のみで対応。
白点が落ち着いたあたりで、同僚がスーパースカットを持ってきてくれたので、投与。
その後、1週間くらい経過し、現在は落ち着いたようです。

結局、発見と対応が早かったせいで、犠牲者はゼロでしたが、アマゾングリーンくらいは常備していないと駄目ですね(;´д`)トホホ
ていうか、基本的に白点病は水温のみでいけるんじゃ・・・

おかげで水換えができず、かつ、第2水槽より導入したリシア経由で藍藻が広がったりして汚くなっていたのですが、本日、掃除、水換えして綺麗になりました。

ちなみに、デジカメを会社に忘れたせいで、本日は関係ない画像になってしまいました・・・あしからず・・・

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
連日、テニスネタを書いてきましたが、本日は、メインブログ「ハサウェイのやんごとなき・・・」の方に書いていますので、興味のある方はそちらをどうぞ・・・

実は、先日、会社の女性同僚から元働いていた女性同僚が熱帯魚に興味があって、何か欲しいとの話を受けた為、プラティを里子に出す事になりました。

金魚を10数年飼っていたと言う事で、飼育セットは1式あるみたいですので、プラティ4prをとりあえず渡す予定です。
他の同僚に里子に出したプラティ達(孫世代)は、その同僚宅で早くも子供を産んだようで、我が家産のプラティ達が周りで増え始めています♪
なんか嬉しいです(*^_^*)
ちなみに、我が家のプラティ水槽も8匹分空きができ、更に嬉し・・w
この子達も、子孫を残していってくれる事を期待しています(o^∇^o)ノ


さてさて、恒例になりました稚魚の状況です。
まずは、カカトゥ稚魚ですが、かなりコマ目にブラインを与えているせいか、かなりの肥満体形です(^^;)
まぁ、元気があればそれでいいかと・・・(;^_^A アセアセ・・・


さて次は、12日前に孵化したベタの稚魚達です。
孵化直後は体長2mmしかなかったベタ稚魚ですが、現在、ほとんどが体長8mmくらいになりました。
体色の差も徐々に出てきた模様・・・


こんな稚魚達が、わらわらいます(^^;)
数は、50匹前後といったところです。
一回、ブラインがあまり沸かなくて、あまりブラインを与えられない日があったのですが、その際に、若干淘汰された感じです。


そして、このベタ稚魚達も、コマ目に餌を与えているせいで、いつもピンクのお腹です(^^;) 

現在の順位、他のアクア関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング